カテゴリ: bike

オルディナs5初めての輪行でアワイチ(淡路島編)

いよいよ淡路島に旅立ちます。

前回(深夜バス輪行〜西宮〜芦屋ぐるぐる)はこちら

そうそう、愛車の名前は、「クゥーゲルシュライバー・オルディナ号」です( ー`дー´)キリッ

101 07:21 起床

07:21 荷物整理、準備おk! ご飯たべようブーン(((⊂(  ・ω・)⊃

07:51 自転車に装着! おばあちゃんたちを起こさないようにひっそり出てきました

08:05 神戸の海。あんまり写真とってないね

08:05 東京じゃ滅多にみれない景色に心の洗濯

08:36 灘に突入。車道と歩道を駆使。

08:39 自転車専用道ありがたや〜

08:43 ひたすら2号線を走る

08:43 後方確認

08:43 ひたすら長い道が続く。 余りに長いので誰もあるいてない。

08:49 透明な川

08:49 すごい快晴

09:01 この頃はまだ純粋だった。 水道水だけで水分補給しようなんて考えていたんだから・・・

09:03 ゲートボールとオルディナs5

09:09 神戸の中心って感じですね

09:10 海の近くなのでトラックが多い

09:15 立派そうな建物パシャリ

09:15 なんとなくおされ

09:16 間違えて地面を撮影あるある

09:17 今どの辺りか確認

09:17 信号が多いので写真が捗る

09:17 メリケンパーク!

09:17 メリケン波止場前

09:32 モザイクをぐるぐるしようとしたら、進入禁止( ;∀;)

09:24 神戸ハーバーランド

フリーゲーム「ハーバーランドでつかまえて」を思い出す

09:24 モザイク

09:26 さらに近づいてみた

09:26 船〜

09:26 あれはなんだったか

09:26 あっちに渡るのは面倒そう

09:29 A☆I☆B☆O☆!!!!

09:35 交通量が多い

09:53 google先生が2号線を離れて、右側の線路沿いにいけっていうので。

後から2号線に合流するルートらしい。

信号もほとんどなくて、短縮できました。

10:13 初見殺しの橋。真っ暗だったらこの階段につっこんでる。

10:13 反対はちゃんと坂

10:13 橋が短いだけに油断しそうですぬん

10:29 うみー。

この直後の道で車線減少、歩道封鎖で命からがらの長距離ライドになりました。

バックミラーちらちら、後方確認ちらちら。

必死にペダルを回しました。

帰りに気づいたけど、地獄は明石方面だけ。

大阪方面は歩道が使えるし、広いしで(>‘A`)>

この頃には、反対車線のチャリダーに手を振って挨拶するのに夢中でした。

10:45 地獄から生還(>‘A)> なか卯とサイゼリアの魔力(´・ω・)。。{せっかくの旅なので我慢}

10:45 ファミマ休憩。 水を補給できる場所がないので、2Lのペットボトル確保がここからデフォに。

ゴミ箱の所に座り込んでる人は、ここで出会ったビアンキ乗りの旅仲間。 大阪を出発→山陰へ→京都→兵庫→鳥取→島根→しまなみ海道チラ見→広島→いまココ(岡山県なんてなかった)を一週間ほどでネカフェに泊まりながら軽装備で回ってきたそうです。 あとは、大阪まで帰って早く寝たいだそうですァ ‘,、',、(‘∀) ',、’`,、

お互いの無事を祈って、背を向けて再出発する事になります。

10:52 とんかつさんの影響で旅の中で美味しいアイスを食べるのが課題になってた。

11:08 ペットボトルがあるだけですごい安心感( ;∀;) まじで水がすぐ無くなるのよ・・・

11:16 瀬戸大橋すぐ近くの大くてキレイな公園 淡路島があんなにも近くに見える

11:16 胸の高鳴りがとまらない(;゚∀゚)=3ハァハァ

11:17 ちなみにここはfateの聖地でもあります。 ギルとランサーが闘った場所でもありますね。

11:24 橋の真下に到着。 もっと先から続いているのね。 もちろん、自転車、歩行者の通行はダメダメ。

11:24 橋の科学館の横にあるやつ 橋をつないでるワイヤー?はこんな構造らしい

11:25 フェリー乗り場どこかとgoogle先生に聞いたら、4〜5km先らしい(>‘A`)> ここを右に曲がると明石天文台。

11:38 こっちの方向が明石天文台。 施設内にはここが標準子午線ですよって広場があるんですが、ズレてるらしい。

11:40 淡路ジェノバライン 岩屋のりば 2010年11月までたこフェリーもありましたが、現在はジェノバラインのみが、車以外での交通手段。 ジェノバラインのほうがずっと速いらしい。

11:42 チケット販売期その1

11:42 諭吉はこっちでしか使えない

11:44 チケット〜

11:53 フェリーが来るまで待機中

12:15 フェリー到着

12:18 フェリーに紐で結びつけ完了

12:19 (。´д`) ン?階段を発見

12:19 ヽ(=´▽`=)ノ貸し切り状態!

12:19 上から見た階段

12:19 岩屋港をしゅっぱーつ!

12:22 さらば本州!

12:29 こんにちは淡路島

12:30 ついに来てしまったんやなぁ〜

12:30 橋をくぐる

12:30 いいアングル

12:30 本州があんな遠くに

12:31 おっすおっす!淡路島先輩よろしくおなっしゃす! 淡路島は一周150kmあります(;´∀`) 中でも南あわじは大きく、結構きつい

フェリーでお世話になったチャリダーさんとはここで別れましたが、 ちょっと行った所のカフェでゆったりと休まれていて手を振って頂きました(∀`*ゞ)テヘッ

13:08 (*‘∀’人)ワォ☆これが噂の道の駅!

13:09 猫がこの周辺にいっぱいいるらしい

13:09 お土産

13:15 ごまのソフトクリーム

13:20 向かいにある食堂。行こうか迷った。

13:40 結構進んだ所。

13:40 なんだろうねこれは

13:41 上にいけば分かるのかもしれないと思って、坂を登る

13:44 上から眺める海。すごくいい

13:44 結局あの像にいけそうな道はなくて、あったのは神社と回収車

13:57 うーん、なんだったんだろう

13:59 淡路島3時の方向くらい? 沖縄もビックリな綺麗な色。 一周する中でここが一番綺麗でした。

13:59 うっすら見える大阪府、和歌山県

14:01 右回りなので、常に左は海が見えてます

14:01 ちょっと休憩

14:02 右をみれば山。街っぽさは全く消えた。

14:24 やってなかった。特別なものを食べたいと思って我慢してたら、どのお店もやってなくて結局旅の終わりまで非常食しか食べ続けることになる。

14:35 変な像があんな遠くに。

14:40 さすがに泳ぐと寒いと思われる。というか死ぬ。

14:41 先を見てみる この時はまだ気づかなかった。 というか、この景色から気づくべきだった。 南あわじの洗礼ってやつをつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

15:17 だれこの人

15:17 洲本(すもと)の辺りかな

15:08 久しぶりの信号で写真パシャパシャパシャ

15:19 洲本温泉。けど気軽に入れそうな所がなくてスルー

15:37 最期の晩餐。 水、パン、アイスをゲット。

15:43 出発地点と現在地を把握。 大分きたんだなぁと感慨ひとしお。

ここまで楽しい旅でした・・・ 道も基本的に平坦だし、道も広い。 人もたまにいるし、お店もある。 そうここまではね(>‘A`)>

16:07 あのコンビニから30分後、異変に気づく。 坂しかねぇ・・・あれ?これ山じゃね? まじで。゚(゚´Д`゚)゚。

16:08 日も落ちようとしている。 今日の目標では6時の方向でテントを張る予定なのに・・・やばいかも

16:15 山をいくつも登る。下りはまだない。

16:16 下り?いいえ、振り返っただけです。

16:16 あそこからきた

16:17 あっちからきた

16:18 初めての本格的な下りに興奮

16:18 スキーをしている感覚

16:20 噂の「ナゾのパラダイス」がこの先にあるのか(;´∀`)何キロ先だろうね

16:26 今この瞬間にも猿とかシカいますけどね(>‘A`)> 10kも山つづくんかい(ずっと続くけどね)

16:31 くだるぜぇ、くだるぜぇ

16:31 夏や夏や夏なんか

16:33 モンキーセンターまで@9km

16:35 まだ登るんか

16:37 ナゾのパラダイス。既に潰れている

16:39 ナルキッソスのセツミたちが行った灘黒岩水仙郷はまだまだ先。

16:50 モンキーセンター@7km

16:53 ここからはひたすら、登ったり、下ったり。 このままだと山で寝る事になりそうなので必死。

17:08 ようやく山を下って休憩地点 モンキーセンター到着

17:09 モンキーセンター手前でシカ 猿、シカは全国どこにもいるね

17:10 モンキーセンターやってへんやないかー。゚(゚´Д`゚)゚。

17:11 これが噂の淡路島カレー!! 淡路島で初のご飯!!!と思ったら、やってない。ないた超ないた。

17:17 こんな旗まで出してるのにやってないなんて酷い

17:17 前方確認。車いない

17:17 後方確認。車いない。

17:17 モンキーセンターとはあの山の事らしい

17:17 そばにあった看板。 まだ下まで遠い。18時に日が落ちる事を考えると寝るところ見つけないとまじでやばい。

17:20 沼島(ぬしま)がぽつんと見える。 みんなは古事記や日本書紀でイザナギ、イザナミが矛でかき回して、日本を造ったという話を読んだ事があるだろうか。 その最初の島が淡路島、沼島、絵島(フェリーが到着した所)、南あわじ市榎列(えなみ)と諸説あるが、結局の所淡路島がそうなのだ。 いまおれは日本神話はじまりの大地に立ってるんだなぁと感慨ひとしお。

17:21 車がきた。

17:33 海がすごく綺麗だ。再出発。

17:33 沼島が近い。夕焼けと相まって神秘的。

17:33 うっすら徳島が見える。ここは紀伊水道といってしまっていいのかもしれない。

17:41 灘黒岩水仙郷に到着

17:42 建物は綺麗なのに人の気配がしない・・

17:44 oh… どうやら12月下旬〜2月下旬しか開園していないようだ。 セツミイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

17:45 この先に温泉があるらしい。ずーーーーっとこの先も案内出てたんで探したけど見つからなかった!

17:53 余りに寝る場所がないので、宿泊の誘惑に負けそうになる。 せっかくテント持ってきたから頑張って寝る場所を探さないと・・・(´・ω・`)

17:53 久しぶりに人家をみたね

18:04 沼島にいく船の近くにあった。小さな丘

18:04 ここから沼島にいくらしい。 漁師の人たちが仲良く仕事していた。

18:11 太陽どこいったん・・・

18:11 後ろを向くとそこは闇。 (;´∀`)夜が来る。

19:13 3時間くらい明かりもない山を登って、押してたように思ったけど1時間しか立ってないらしい。 あのファミリーマートから3時間、久しぶりにお店をみた。 マックで休憩。

20:00 ここから鳴門のうずしおを見に行けるらしい。 どうやら、船で見にいくようだ。 でも今はうずしおがハッキリ見える季節じゃない

20:32 とにかくまた山を登った。 十分な広さがあったので、ここで寝ようと思ったけどトラックの後もあったので断念。 久しぶりの自販機でコーラを味わう。

20:44 頼れる明かりは自転車につけたスーパーファイアーのみ

21:36 さらに一時間山の中を走って走って、ようやく寝られる場所を確保。

21:59 設営完了

22:36 干からびていたので、荷物を置いてジュースを買ってきました。 荷物がないチャリだとどんな坂も楽ちんでした。 それではおやすみ〜〜〜・・・

といいたい所だけど、テントの中にいると獣の足音w 実際は風でテントの裾がこすれる音なんだけど、足音にしか聞こえない。 ほんと、怖かったですわ。たぬき、さる、シカ、ねことかいるからね。

102 5:55 (^o^)ノ < おはよー 朝ごはんです。少し寝ただけで体力がすごい回復してます。

6:05 こんな場所で寝てました。

0:06 目の前は海。フナムシもいるよ

06:06 あそこから船がどんどん旅立ってる

06:07 四国かな

06:07 手を振ってみた

06:07 ( ´Д`)ノ‾バイバイ

06:19 撤退開始

06:25 グランドシート〜

06:27 よしおk!

06:28 自転車のペットボトルからアクエリが垂れてアリさんが集まってた

6:42 積み込み完了。

06:43 だいぶ明るくなってきた。この時ざっと計算して12時までには港まで帰れるなーと計算。

06:44 さぁ、再出発!

06:51 こんなに家がいっぱいある所、久しぶり

06:52 こういう坂がずっと続く。 昨日の山で脚はすでにボロボロ

06:55 砂利道

06:56 google先生に逆らったらこんな道

07:02 トイレ発見!([+]Д・) 朝からすごい漏れそうで「マジトイレマジトイレ」思ってたら出現

7:03 汚いトイレを想像してたら 虫も汚れも匂いもないすごい綺麗なトイレ。 感動したのでパシャリ。 掃除してくれている方ありがとうございます┏○))ペコ

07:41 あれは香川なのか、小豆島なのか

7:18 駐屯所

7:30 昨日沈んだ太陽もまた昇る

07:35 なぎさああああああああああああああああああああああああああああああ夢を叶えろおおおおおおおおおおおおお

08:07 休憩ポイント、緑の道しるべ 今まで左走行で気付かなかったけど、内側にこういった休憩所があったみたい。 淡路島は自転車招致の設備が結構あるみたいです。(南あわじは除く

08:07 このように自転車をひっかける台もあります

08:08 すごい邪魔な路駐(この場所に車を止めてはいけません)

08:09 自分の位置を把握する。 淡路島の左側は県道31号線の淡路サンセットライン。この辺りのチャリダーは結構通ってるみたい。

08:09 旅の終わりを感じて、少しさみしい気持ちにもなる 時間も結構余裕がでてきました。

08:10 上に登ってみると草ボーボー、ハチぶんぶん。 工事中みたい。

08:10 違法路駐の裏側。 チャリダーの為に交通ルールが書いてある。 守らないやつ多いからね。

08:12 トイレ掃除してるおばちゃんがいました。(写真にはうつってない)

08:13 こっちは観光地が書いてあります。

08:13 なかなかいい休憩所です。

08:15 再出発。 出勤の車が増えてきました。人家もまばらにあります。

08:22 淡路島の中心は常に山が見えます。

08:55 あのファミマ以来、久しぶりのコンビニです。 ゆっくりできそうなスポットです。 緑の道しるべで淡路島のローソンとファミリーマートはパンク修理キット、空気入れが置いてあると見たので来てみました。

08:41 栄養補給でござる。 淡路島にきてからコンビニでしかご飯たべてないな・・・

08:55 さらば南あわじ市。ただいま洲本市。 左の看板はこの地域の偉人の名前が書いてあった。全く知らない人だった。 この場所は道路から別れた休憩ポイント。

ここまでの道もここからの道も工事を沢山しているし、カーブが多く、車がギリギリスレスレで通っていくので、神経と体力をすり減らします。 1車線しかない場所はトランシーバーで連絡を取ってる作業員が片方ずつ進ませるんですが、自転車は後ろからの車が怖いのでそこそこ長い距離を40km/h以上でこいでました。

08:57 ゴールはまだ見えない

08:59 きた道を振り返る。忘れないようにと。

08:59 平坦な道が増えてきた。 でもカーブはやたら多い

9:27 淡路城。この辺りを治めていたらしい。

09:29 現在やっていないのか、車は入ることもできない

9:47 かなりマージン取ってたのにクラクションを鳴らされたので、追いついて写真撮った。 もうちょっと先にいった所でこのお店の名前のお寿司屋さんをみつけた。

10:39 車が結構走ってるので写真を撮っている余裕はなかった。 車との並走、悪路への注意で神経がすり減らないように休める所では休んでいた。

10:39 淡路サンセットラインの名前に恥じない そういえば、フェリーで別れた人を除くとチャリダーは列車を組んだ3人しか見ていない。 平日だしね

10:48 明石海峡大橋が見える。 旅の終わりを感じる。 予定よりも早い巡航がまだ旅っていたいと進みを遅くさせる。

11:03 橋の真下に到着

11:05 その隣の道の駅

10:02 味は普通

11:21 水分を確保

11:22 明石海峡大橋が望める温泉をプッシュしてる 実は、道中気づいてて山を700m登るとか書いてあり、山はもう登りたくないとスルーしたのでした。 けど、温泉入ってないし、行かなかったら後悔すると思ってきた道を戻る事にしました。 すぐそばのファミマで温泉の割引チケットがありました。

11:36 目指せ松帆の湯

11:38 ここを登るのね

11:39 はいはいワロスワロス・・・

11:40 (>‘A`)>まわせ、ペダルをまわせ

11:40 結構、登った。いい景色。

11:42 ひたすら登る

11:44 看板が諦めんなっていってる

11:44 六甲山がよく見える。

11:47 のぼりきった〜〜〜〜

11:47 Σd(゚∀゚)がんばった!

11:49 地球ロックしようとしたら、「高圧電流触るな」 あとちょいで変な死に方するところだったw

11:56 今日は愉しませてもらう!!( ー`дー´)キリッ

11:59 1番(σ・∀・)σゲッツ!!

松帆の湯 真っ裸で露天風呂に仁王立ちしてました。 明石海峡大橋から俺を見るんだーーーーーーー!! ちなみに温泉は全て貸し切り!! 団体さんとかはご飯たべてたのです。

12:33 お風呂あがり

12:33 欲しい景品がない

12:33 進撃が景品

12:35 いちじくは売り切れでした。゚(゚´Д`゚)゚。

展望できるポイントから。 浴場からはもっとよくみえます。

12:50 淡路島にきて初めてまともな食事 淡路島バーガーと淡路牛のスタミナ丼 関西なのにしょうゆの味がかなり濃い でもうまい。ラストはちょっとくどく感じるかもしれない。でもうまい。

13:37 携帯のバッテリーが少なくなってきたので、最期まで走りきっちゃいました。 淡路島一周150km完走おめでとう!

13:38 これが絵島です。 ワビサビのある形をしてます。 島まで渡れます。

13:52 フェリーきたー。 帰りのフェリーは小さい

13:54 今回も外に乗るかと思ったら、船内で他のお客さんと一緒でした

15:07 神戸市長田区。路駐地獄

15:08 本当邪魔でござる

15:13 もっこす!

15:18 赤信号を無視して子どもを轢きそうになった車 追いかけてパシャリ

15:47 いきなり、すごい段差が現れる

灘区でアサヒサイクルを見つけたので、メンテナンスをしてもらいました。 タイヤが曲がってたり、ネジが緩んだりしていたのを一時間かけて直してもらいました。 すぐ直してくれるのは素敵ですね。

16:58 もっこす!!

17:47 ひたすら走っておばあちゃんちに到着 体はへとへと

19:30 晩ご飯はおじさんが餃子つくってくれました

103 12:30 おばあちゃんは車椅子で、ほとんど寝たきりで家の中なので、ご飯つくったり、ヘルパーの手伝いをしてました。 おむつ替えたり、なんでもやった。

10:03 美味しいいって食べてくれました☆ 揚げ豆腐あればなんでも美味しいらしいんだけどねァ ‘,、',、(‘∀) ',、’`,、

1005 22:41 大阪梅田に深夜バスを目指します。 いとこの幼稚園の運動会におばあちゃんを連れていけてよかった。 車椅子と車の乗り降りを補助するのってすごいテクニックがいるんだなぁってビックリしました。 おばあちゃんの体調も悪くならなくてよかった。

10:06 そうこうしている内に東京に着きました。 行きの時に輪行袋いれるのに使った場所はダメそうだったので、入り口の袋小路で自転車を組立てました。 このバスのりばで輪行袋に詰め込むのがこの隙間が一番かも。(状況によるし、自己責任)

06:53 このまままっすぐいくと東京駅の路駐列に突っ込むので逸れます。

17:06 ただいま墨田区∩|๑´・ω・๑|∩ 実家の綾瀬に行って、親におばあちゃんの様子を報告。 私も行きたいのに悔しいと電話で謎な理由で怒られたので、怒りを鎮めにいったのです。 ァ ',、’,、('∀) ‘,、',、親はいつまで立っても親なのです

こうして、ぼくの遅い夏休み、一週間の旅は終わりを告げたのでした。 アワイチしている最中は、楽しいより辛いことのほうが多かったですけど、振り返るとそれが楽しかったんだなぁと気付かされました。 それでは、次の旅で会いましょう。 see you!!

■サイクリングデータ

41.3 km 4h 8m 50s 西宮浜〜洲本市突入くらい

55.06 km 4h 11m 16s 淡路島右側というか海と山

34.85 km 4h 10m 29s 夜に迷う

62.41 km 5h 36m 3s 淡路サンセットライン

※淡路島〜帰宅まではバッテリー不足の為、記録しませんでした。 全工程で、ざっくり210kmくらいです。

About

はらぺこ

職業:フロントエンドエンジニア
趣味:自転車/テニス/空手
愛車:
 ✓ブリヂストン オルディナs5
 ✓アンカー RS8 EL

神戸にて爆誕。
友人から「お前がマスターして教えてくれ」と渡された『HTML&スタイルシート ポケットリファレンス』がキッカケでWeb業界への一歩を踏み出す事になる。

2013年7月にクロスバイクを購入して自転車にドハマリする。
全力で遊ぶ合間に、ほどほどに頑張る日々を過ごしています。

飼い主 はっぴー

2014年10月20日(誕生日)の引っ越し日、捨て猫になっていた所、運命の出会いを果たす。 
(その日は雨で、3日間雨が続く寒い日だった。このまま放っておけないと自転車生活と秤にかけて、はっぴーを選択する)
5時間かけて油断させ、近づいてきた所をガッと拾い上げ、そのまま家へ猛ダッシュ、玄関の鍵を閉めて家族になる。以後オレたちはファミリーだ。

助けたつもりが、実際は自分の方が精神的に救われている。はっぴーなしでは生きていけない。(最早「飼い主」と言って差し支えないだろう)

「はっぴー」という名前の由来は、『幸せになってほしい』という想いで名付けた。