カテゴリ: notes
タグ: wordpress

wordpressのログインページを守る!

どんな攻撃を受けているの?

ログイン画面(wp-login.php)への「頻繁なアクセス」と「過剰なログイン試行」。

彼らはプログラムを使って人外魔境の速度で何度もIDとパスワードを執拗に入力してきます。

どう対策したらいいの?

ワードプレスは常に最新にする

これは絶対です。

テーマが崩れる場合は崩れないように親テーマの編集ではなく子テンプレートを作成するか変更分を追加しましょう。

古いプラグインは停止、削除する

色々便利だと思ってプラグインを追加する人も多いと思いますが、最終更新が古いものだとセキュリティホールがあったりします。

なので1,2年以上更新がないものは捨てる候補にいれる事をお薦めします。

メンバーシップの設定

【設定】→【一般】→【メンバーシップ】の「誰でもユーザー登録ができるようにする」のチェックをはずす

IDとパスワードを強化する

基本的にパスワードが長いほど強固になります。 覚えられないパスワードはブラウザに記憶させておくのがいいでしょう。 (ランダムな文字列の作成はツールを使うといいでしょう:http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php)

.htaccessで制限をかける

ドキュメントルートにおく.htaccess

<Files "wp-config.php">
order deny,allow
deny from all
</Files>

<Files "wp-login.php">
order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.xx.xx
</Files>

<Files "xmlrpc.php">
order deny,allow
deny from all
</Files>

wp-adminに置く.htaccess

order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.xx.xx
<FilesMatch "(admin-ajax.php)$">
    Satisfy Any
    Order allow,deny
    Allow from all
    Deny from none
</FilesMatch>

192.168.xx.xxの部分はご自分のIPアドレスに書き換えてください。

http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgiの「あなたの利用している IPアドレス」の下にある青文字の数字になります。

wp-config.phpにはDBのID、PASSなど見られたくない情報があるのでアクセスを拒否します

wp-login.phpは自分だけがアクセスできるようにします。

xmlrpc.phpはPingbackを利用したブルートフォースアタックの攻撃対象になりうるので拒否しておきます。

admin-ajax.phpはプラグインで使うことがあるのでこれだけを除外しておきます。

使ってない場合<FilesMatch "(admin-ajax.php)$">の箇所は不要です。

ブログ記事がURLが古いとか見られなくなった場合

管理画面→設定→パーマリンク→変更を保存をやってみてください。

どうしても駄目なら設定が悪いです。その場合は追加したファイルを削除、元に戻してください。

これが起る原因はパーマリンクをデフォルトから変更している人で、

public_htmlに元からあった.htaccessを必要な設定を消して上書きしたことが原因です。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これが、パーマリンクのURLを割り当ててる部分です。

すでに攻撃を受けていたら。。。

必要な部分のDBをバックアップして、0からワードプレスをインストール後にDBを復旧させるのがいいでしょう

About

はらぺこ

職業:フロントエンドエンジニア
趣味:自転車/テニス/空手
愛車:
 ✓ブリヂストン オルディナs5
 ✓アンカー RS8 EL

神戸にて爆誕。
友人から「お前がマスターして教えてくれ」と渡された『HTML&スタイルシート ポケットリファレンス』がキッカケでWeb業界への一歩を踏み出す事になる。

2013年7月にクロスバイクを購入して自転車にドハマリする。
全力で遊ぶ合間に、ほどほどに頑張る日々を過ごしています。

飼い主 はっぴー

2014年10月20日(誕生日)の引っ越し日、捨て猫になっていた所、運命の出会いを果たす。 
(その日は雨で、3日間雨が続く寒い日だった。このまま放っておけないと自転車生活と秤にかけて、はっぴーを選択する)
5時間かけて油断させ、近づいてきた所をガッと拾い上げ、そのまま家へ猛ダッシュ、玄関の鍵を閉めて家族になる。以後オレたちはファミリーだ。

助けたつもりが、実際は自分の方が精神的に救われている。はっぴーなしでは生きていけない。(最早「飼い主」と言って差し支えないだろう)

「はっぴー」という名前の由来は、『幸せになってほしい』という想いで名付けた。